一戸建てとマンション

2つのマンションと空

不動産物件には、一戸建てとマンションが中心であり、家族構成や価格の状態によって購入時に選択するのが一般的となっています。また、一戸建てとマンションでは価格面でマンションが優位になっているのが現状です。 さて、不動産では一戸建てもマンションも平均的な価格は地域によって異なる特徴をもっています。 全国的な相場では、一戸建ての場合は一般的な木造建築で3000万円から4000万円が平均的であり、これに土地代3000万円前後がプラスされるのが一般的です。また、この他にも固定資産税などが年に一回かかってくるため、計画的な支払いが必要となります。 これに対しマンションでは土地代がかからないため比較的安めの相場となっています。一般的な物件で3000万から5000万円相当かかり、一部のタワーマンションでは、数億円かかるのが現状です。

不動産物件の価格は多種多様なものがあり、価格相場も毎年変動するのが特徴となります。特に近年では土地代が高いことが考えられるようになり、一戸建ての相場が年々下がりつつあります。それに伴って一戸建て不動産の建設が停滞しているのです。また、バブル期と比較して現在は債権の関係上、土地の売却が進んでおり、土地平均価格が下がりつつあります。 さて、土地価格の下落が進行している今、マンションの供給率が増加しており、都市部ではタワーマンションの建設が実際に進んでいます。マンションの場合は複数の住人で土地を共用するため、一人あたりの土地代の支払額が少なくなるメリットがあります。特にタワーマンションは住戸数が多く、一人あたりの土地代が数十万という可能性もあるのです。