事前に準備

空と高層マンション

進学や就職をきっかけに、親元を離れて一人暮らしにチャレンジすると言う人も多いのではないでしょうか。 親戚の家にお世話になる、社宅が用意されている、と言うケースを除くと、一般的には不動産会社の仲介による賃貸マンションやアパートを契約する場合が大多数と言えます。 賃貸マンションやアパートを借りる際には、様々な手続きや取り寄せる書類などが必要になります。 特に契約の際には、住民票などが必要となるケースがほとんどなので、賃貸マンションやアパートを利用することが決定している場合は、前もってそれらを準備しておくと、契約もスムーズに進むのではないでしょうか。 また、賃貸マンションやアパートでは、保証人が求められる場合が多くなります。

保証人は、マンションやアパートの借主が、何らかの理由により居室に損害を与えて修理が必要になった、あるいは家賃を支払えなくなったと言う場合に、代わりに責任を負う立場の人になります。 保証人の選び方に特に決まりはありませんが、若い方の場合はご両親や兄弟などに頼まれるケースが多くなります。 また、新しく契約するマンションやアパートの近隣に住む親戚などに頼まれることも珍しくありません。 しかし、様々な事情により保証人をお願いすることが出来る人がいないと言う場合は、賃貸マンションやアパートを借りることは出来ないのでしょうか。 このような場合は、不動産会社に相談することにより、保証人が不要の物件を紹介してもらえます。