住宅の購入法

家具とリビング

一戸建てには大きく分けて二種類あります。建て売り分譲と注文住宅です。建て売り分譲の場合には、すでに完成された一戸建て住宅となり、また注文住宅の場合には設計から自由に決めることができるオーダーメイドとなります。 その価格としては、建て売り分譲の場合は多くの一戸建てを建てる上で建材などを規格化してコストを抑えることで安く提供できるものとなります。一方で注文住宅の場合には、どのような建材や設備を使用するかによって価格はいくらでも変わるものとなります。ただし最近では、坪単価を設定した上での注文住宅も提供されるようになっています。その価格も建て売り分譲によるものと近いものとなってきています。

一戸建ての価格は近年、低価格化が進んでいます。使用する材料のコストを抑えるとともに、建設の工法も効率化によって建設費も下がり、建て売りと共に注文住宅においても安い予算で建てるようになってきています。 建て売り分譲住宅においても、建設の前に申し込みを行うことによって、間取りや内装などを選ぶことができるようになっています。その価格はというと、従来の建て売り分譲とさほど変わらないものとなっています。この傾向はさらに続くとみられていますが、これまでのような内装などにこだわりを持った高額な注文住宅の需要が少なくなる中で、建て売り分譲の人気が高まってきています。あらかじめ用意された選択肢の中で、住みやすい住まいを手に入れる風潮が続くとみられているわけです。